ホーム > 普及・啓発等事業 > CPD(継続学習)制度

CPD(継続学習)制度

CPDS登録者へのお知らせ

廃棄物処理施設技術管理者継続学習システム参加のお勧め

廃棄物処理施設は、生活環境の保全を維持する上で、非常に大事なインフラ設備の一つであり、技術管理者によって施設の安全な運転・維持管理が行われ、地域の安全・安心が確保されることが必須です。
そうした中、廃棄物処理は、社会の変化に応じて、絶えず法制度改正や技術革新が行われています。「技術管理者」は日頃から、自ら資質の向上に努めることが非常に重要となり、この資質の向上のツールとして、「技術管理者等CPD(継続学習)制度」があります。
当協会では、2012年から廃棄物分野では初めて、資質向上のツールとして「技術管理者等CPD制度」事業を開始しました。現在、約100名のかたが登録参加し、そのうち23名の称号(総括・上級・専門技術者)取得者が誕生しています。
 
称号受賞者  公表許可いただいているかたのみ記載しています (敬称略)
CPDS認定統括技術者

  氏名 所属 都道府県 ほか
R02 2名 川口 尚樹 須坂市役所 長野県 ほか1名
H30 1名    
H29 1名 伊東 宏幸 鹿島共同再資源化センター㈱ 茨城県  

 
CPDS認定上級技術者

  氏名 所属 都道府県 ほか
H30 5名 高橋 祥享 高三建設㈱ 秋田県 ほか3名
薄井 宏明 習志野市役所 千葉県
H29 3名 髙山 和之 イー・ステージ㈱ 長野県 ほか2名

 

CPDS認定専門技術者

  氏名 所属 都道府県 ほか
R02 2名        
H29 9名 倉地 一秋 ㈱愛北リサイクル 愛知県 ほか7名
稲井 誠司 新潟特殊企業㈱ 新潟県

 

廃棄物処理施設技術管理者CPDS登録参加者数

年度 登録者数
R03 89
R02 90
R01 93
H30 107
H29 109
H28 109
H27 109
H26 94
H25 68
H24 52

 

廃棄物処理施設技術管理者CPDSの概要

 

廃棄物処理施設技術管理者CPDS Q&A

Q1:「技術管理者制度」と「技術管理者CPDS」は、どのような関係になるのか?

Q2:「廃棄物処理施設技術管理者講習」と「技術管理者CPDS」は、どのような関係になるのか?

Q3:「技術管理者CPDS」のメリットは?

 

CPDSガイドブック

 

CPDS認定プログラム

 

CPD記録の留意点

 

CPDS申請関連様式類(ダウンロード)


上へ戻る